最新情報
島トラベル

秋からの島旅!第一弾は大島にスポット♪

シェア Check

 

いよいよ10月~12月の伊豆大島が販売開始致しました!!

 

「でも伊豆七島は夏だけでしょ??」

そうお考えの皆様!!!それは実にもったいないです!!!!

 

伊豆大島は火山の島!

海以外にも大自然の恵みをたくさん味わうことができます。

中でもオススメは温泉

そんな大島自慢の温泉をご紹介♪

秋のご旅行先の候補にぜひご検討下さい☆

 

◎「大島温泉ホテル」のお湯は三原山温泉

伊豆大島のシンボル的存在三原山から湧き出る三原山温泉は、

「無色透明の単純温泉」で、疲労回復や神経痛、筋肉痛などに効果がございます。

大島温泉ホテルHPはこちら

 

そんな三原山温泉に入るならこちらのプランがオススメです!!

【☆☆往復高速ジェット船利用!大島の大島温泉ホテルに泊まる<現地1泊夕・朝付プラン>◇】 

詳細はこちら

 

◎「ホテル白岩」の魅力は露天風呂の「白椿の湯」(男湯)「紅椿の湯」(女湯)

椿のシーズンになればお風呂から色彩の椿を見ることができます。

泉質は「ナトリウム塩化物温泉」ですので少ししょっぱい温泉です。

こちらも神経痛リウマチや婦人病、胃腸などに効果がございます。

ホテル白岩HPはこちら

 

そんなしょっぱい温泉に入るならこちらのプランがオススメです!!

【☆☆往復高速ジェット船利用!大島のホテル白岩に泊まる<現地1泊夕・朝付プラン>◇】

詳細はこちら

 

◎「元町 浜の湯」の魅力は何と言ってもその絶景浜の湯(大島)

三原山や海を見ながら入れることはもちろんのこと、

天気が良ければ海に沈む夕日をも見ることのできる絶景温泉!

こちらもホテル白岩と同じ「ナトリウム塩化物温泉」ですので、

様々な効能はございますし、

何と言っても絶景で心も癒してもらえます


浜の湯の詳細はこちら

 

そんな絶景温泉に入るならこちらのプランでダイビングの後の温泉がオススメ

島トラベルでは今年初めて2つのダイビングプランをご用意!ぜひ検討してみてください♪

 

ダイビング初心者の方やお一人旅でダイビング!ならこちらがオススメ!

【◎◎往復高速ジェット船利用!◎◎【1名様からお申込み可能!】

大島の民宿に泊まる<現地1泊2食付◆◆選べる!ダイビングプラン◆◆>】

詳細はこちら

 

みんなでワイワイダイビング!そして3食付ご希望ならこちらがオススメ!

【●往復高速ジェット船利用!●大島ダイビングプラン<現地1泊3食付>】

詳細はこちら

 

島トラべルがご案内する秋の島旅第一弾!!

今後他の島も販売予定ですのでそちらもどうぞお楽しみに~!!

伊豆七島絶景ガイド☆【大島 港の見える丘】

シェア Check

 

前回に引き続き今回も伊豆大島の絶景ポイントをご紹介♪

なぜ伊豆大島だけ?とお思いの方もいらっしゃると思いますが・・・

理由は2つございます!

 

その1:大きな島なのでご紹介することがたくさんあるため

 

その2秋以降一番行きやすい島が伊豆大島なため・・・

    (大島は秋以降も毎日2便 高速船が運航そのために行きやすい!)

 

伊豆大島は東京から約1時間45分で行けるまさに近場のリゾートなのです☆

 

そんな伊豆大島で今回ご紹介する絶景スポットは、日本人といえば!の絶景

 

そう富士山の絶景スポットです!!

 

伊豆大島の表玄関「元町港」から車で約15分のところにあるのが

富士山の絶景スポット「港の見える丘」です。

 

伊豆大島の最北端、そして大型客船の主な到着地「岡田港」を見下ろす位置にある

この丘は、目の前には海、遠くに伊豆半島の山々、そして日本一の山富士山が

見ることができます。

その富士山への良好な眺望は、国土交通省が選定した「関東の富士見百景」

一つとなっております。

 

港の見える丘の周辺にリス園や八幡神社、そして椿トンネルもございますので

観光のついでに伊豆大島から日本一の山を見てみてはいかがでしょうか?

 

 minato_oshima.jpg

伊豆七島絶景ガイド☆【大島 浜の湯】

シェア Check

 

東京の竹芝港より高速ジェット船で約1時間45分。

伊豆諸島最大の島伊豆大島

弊社で現在販売しております大島、式根島、新島、神津島、八丈島の中では一番近くにあるアイランド☆

 

そんな伊豆大島では、夕日の絶景スポットをご紹介いたします☆

 

海の近くで夕日を見るならやっぱり海に沈む夕日は外せませんよね!!!!

 私も何度か海に沈む夕日を見ましたが、

茜色に染まる海と空は本当にきれいでした!まさに究極の絶景ですね!

 

そんな夕日を温泉に入りながら見るなんて最高の贅沢ですよね!

それが可能なのが大島元町の長根公園内にある浜の湯です☆

 

水着を着て入るお風呂ですのでご家族連れにもカップルにもおすすめ

大島の象徴三原山と蒼い海を一度に見ることができます。

 

一日の終わりにお宿に帰る前に大島の美しい風景に浸ってみてはいかがですか?

 

【浜の湯インフォメーション】

営業時間 13:00~19:00(年中無休・天候により休業・時間短縮があります)
料金 大人:400円  子供:240円
●TEL 04992-2-2870
アクセス  元町港から徒歩4分

 

 hamanoyu.JPG

伊豆諸島のおススメおみや(お土産)情報第6弾!  【伊豆大島・利島 椿油 】

シェア Check

 

椿油(ツバキアブラ)

その名の通り、椿の花の実から絞ったアブラです。

そもそも、その昔は鬢付け油(ビンヅケアブラ)として 
主に日本髪で髪を固めたり乱れを防いだりするのに用いたものです。tsubaki2.jpg
ヘアケア製品、スキンケア製品として古来より現在まで愛用されてますよね。

通常、「大島」の椿油として名前が広まっておりますが、実は・・・
隣の「利島(トシマ)」が椿油生産量日本一なのです。

ですから「利島」こそ、まさに椿の島なんです


椿油の優れたところは、何と言っても「酸化」しにくいこと!

天然植物油脂の中でも特に栄養価の高い「オレイン酸」を多く含み、
消化器内での浸透吸収が早いんです。

血液をサラサラ~!に保ち、悪玉コレステロールを減らす優れた働きです!tsubakiabura5.jpg

「大量に生産できな幻の油」と言われた事もありました。


地元の方々は 毎日の入浴の湯船にほんの数滴入れてつかったりするそうです!
乾燥を防ぎ、お肌はツルツルピカピカ~♪

<ヘアケア効果>
紫外線をカットし、切れ毛、抜け毛、白髪、フケ、かゆみ防止。
頭皮に栄養を与え、髪にしっとりとした豊かな潤いと弾力性を与えます。

<スキンケア効果>
皮膚で浸透吸収が早く、新陳代謝を活発にし、潤いを与えます。
紫外線をカットし、シミ、ソバカスなども防ぐ効果が有り。
乾燥肌、肌荒れ、日焼け肌、吹き出物、ニキビ炎症抑制などなど・・・・

<アロマテラピー・オイルマッサージ効果>
血行が良くなり、皮膚や筋肉がしなやかになります。肩こり・腰痛などの症状にもツボにオイル湿布など効果有。

<食用として>
椿油で てんぷらを作ると クセが無く、サラッと揚がり、胃にもたれるような事も
ありません。どんな素材とも相性が良く、もちろん天ぷら以外にも幅広くお使い頂けます。


伊豆大島・利島のおみやげには定番ですけどやっぱりこの椿油を!

 

 

tsubakiabura6.jpg
 

 

伊豆七島絶景ガイド☆【八丈島 裏見ヶ滝】

シェア Check

 

東京の竹芝港より約287km。

ひょうたん形の南国リゾート八丈島。

弊社で現在販売しております大島、式根島、新島、神津島、八丈島の中では

一番遠くにあるアイランド☆

 

そんな八丈島でも見つけました!絶景スポット!!

 

今回は少し視点を変えて・・・

海でも、山でもなく、

をご紹介したいと思います☆

 

皆様は滝の裏側って見たことはありますか?

今回ご紹介する滝はuramigataki2.JPG

「裏見ヶ滝」うらみがたき)、

その名の通り、滝の裏側を歩いて

見ることができる滝なのです!

 

普段なかなか見ることのできない滝の裏側からの風景は

もちろん、裏側から滝を見ることができるということは、

間近で滝を見ることができるということ!!

滝から発せられる

天然のマイナスイオンを間近でたくさん浴びて、

身体の内側から癒されてはいかがでしょうか?

 

ちなみに・・・

滝への道は散策路としても整備されており、

ヘゴシダの茂るジャングルのような景観も歩いていて

楽しいはずです!!

ただ、滑りやすく、ぬかるみのある場所もございますので、

御足下にはお気を付けの上、汚れても良い靴をご用意ください・・・

 

uramigataki1.JPG

伊豆七島絶景ガイド☆【新島 湯の浜露天風呂】

シェア Check

 

yunohama.jpg 

伊豆七島の魅力の一つは

空気が澄んでいるからこそ見える満天の星空

 

海だけでなく星空もいいですよね!!

 

今回の絶景ガイドはそんな星空をゆっくり味わいたい方にお勧めスポット!

それが新島にある「湯の浜露天温泉」です。

 

見た目はまるでギリシャの古代神殿のような造り☆

目の前は海ですので昼間は海を見ながら温泉に入りたい方にはオススメです!

そして、夜は波音を聞きながら満天の星空の下リラックス♪

 

もちろん温泉なので源泉がございます。

こちらの温泉は神経痛筋肉痛に効きますよ♪

 

新島港から歩いて10分ほどと近いことはもちろん

清掃時間を除いて24時間お入り頂ける温泉なのも大きな魅力☆

 

海で一日遊んで疲れた身体を波音と星空を感じながら

癒してみてはいかがでしょうか??

 

 

伊豆諸島のおススメおみや(お土産)情報第5弾!  【八丈島 明日葉 】

シェア Check

 

明日葉

あしたには 今日摘んでも明日にはまた新しい葉が出てくるといわれる。

その名前でもわかるとおり、とても成長の速い植物です。

 

カリウムやカロテン、ビタミン B 群などの成分が豊富に含まれています。

 

そして最近になって明日葉からいくつかの新しい成分さらに発見され、

テレビや雑誌などでも注目されるようになりました。

 

(カルコン)

抗菌作用

発がん促進物質を抑える作用

血圧降下

血液サラサラ~

血栓防止

老廃物の塊セルライト排出

(クマリン) 

アルツハイマー型痴呆症予防効果

 

青汁の原料ケールやほうれん草などと比べても

ビタミンやミネラル類、食物繊維の含有量はズバ抜けています。

また、植物としては良質のタンパク質もあります

 

まさにスペシャル健康野菜!

そんな明日葉を美容と健康の為に毎日お手軽にいただけるおススメ明日葉茶

そして

やっぱり 明日葉をそのままカラッと揚げていただく天ぷら~!が私は一番好きです。

明日葉うどんや明日葉そばに 明日葉の天ぷら付けて、

しっかり元気になっちゃいます~

 ahitabaudon.jpg

伊豆七島絶景ガイド☆【式根島 神引山展望台】

シェア Check

 

大自然あふれる伊豆七島!

中でも式根島は全島が国立公園に指定された美しい自然の残る島です。

 

そんな式根島のオススメ絶景ポイントはなんといってもkanbiki1.jpgのサムネール画像

「神引山展望台」

(カンビキヤマテンボウダイ)です。

 

新東京百景にも選ばれており、澄み渡った海と

遠くに富士山や八丈島を除く

伊豆七島の山々が両方楽しめる絶景ポイントです。

更に春になると緑一色の景観が楽しめます♪

頂上の絶景ポイントまでは石段を約100段上らなくては

いけませんが・・・kanbiki2.JPG

でも頑張った分だけ得られる感動も倍増なはず!!

 

ちょっと頑張って絶景を見ながら伊豆七島の大自然を

身体いっぱいに感じてみてはいかがでしょうか??

 

「神引山展望台」の詳しい地図はコチラ!!

世界的にも貴重な新島の宝!「新島ガラス」

シェア Check

nijimagurasu のコピー.jpg世界的な 新島ガラス 

東京から南へ160㌔の新島の海岸は砂浜が真白く美しいことで有名です。

この真白い砂は、抗火石(こうかせき、こうがせき)というもので流紋岩、軽石の一種なんですが

実はこれが、なんと!

世界中にこの新島とイタリアのリパリ島でしか採れないものなのです!!

そして、このガラス質の砂を原料として製造されているのが 「新島ガラス」
真白い砂を溶かすと、不思議な優しいオリーブグリーン色になるんです

新島へ行けば、この世界的にも貴重な新島ガラスを紹介する「新島現代ガラスアー
トミュージアム」があります。
毎年秋には、国際ガラスアートフェスティバルを開催し海外から作家を招聘してワークショップや
オープンデモ、レクチャーを行い、ガラス芸術の分野での国際的な交流をおこなっています。

間々下海岸に オブジェのようなオシャレな建物ですが、新島と世界がここでつ
ながってるなんてなんともすごい~!
そんな新島ガラスアートセンターは以下ご覧ください!
http://www.niijimaglass.com/

そして!新島の抗火石は推定埋蔵量約10億トン!
まだまだたくさん有りますから~あなたもガラスアーティスト体験しちゃいましょう
世界に一つだけのあなたの作品に挑戦してみてください。

ちなみに・・・

実は、東京の渋谷駅の待ち合わせ場所としてハチ公の次に有名なモヤイ像!
あのモヤイ像がこの新島産抗火石で作られてるんですよ~
モアイ像はちょっと黒っぽい色ですが、スポンジ状になった軽石の特徴はわかると思います
今度渋谷に行った時に ちょっと調べてみてくださいね

渋谷の真ん中で新島を思い浮かべちゃってくださいね♪

伊豆諸島のおススメおみや(お土産)情報第4弾!  【八丈島 島寿司 】

シェア Check

 

みなさんは島寿司は召し上がったことはございますか?

伊豆七島へ行ったことのある方は、かならず一度は召し上がった事があるはず?

 

まだこれから伊豆七島へ行かれる方は、島寿司は絶対に食すべし!

 

元々八丈島の郷土料理ですが、伊豆七島の様々な島で召し上がれる島寿司!

そんな あらためて島寿司についてのお話しを少し。。。

 

お寿司といえば、やはりワサビ

 

しかし、伊豆七島のような場所ではワサビの生育にかかせない水が希少なため

 

ワサビの代用品として カラシを使用し始めたとの事。。

 

なので、え?ワサビのかわりにカラシ??? と初めての方は驚かれると思いますが

 

まずはとにかくお試しあれ! 違和感どころか まさにベストマッチ!

 

お醤油に浸して「ヅケ」として味を付けたネタとちょっと甘めのシャリにぴったり合った絶妙のお味です!

 

ネタにする魚は今では メダイ が一番多いですが、島で水揚げされる白身の魚を中心に

 

トビ(飛魚)、アオゼ(青鯛)、オナガ(尾長鯛)、キンメ(金目鯛)、アカサバ(ハチビキ)、

 

tobiuo.jpg

カンパチなどなど それぞれのお味の違いが楽しめます

 

家庭で作る時はどんな種類でもおっけ~

 

伊豆七島では 必須グルメです!!

 

shimazushi.jpg

最新フォト

  • 三原山山頂口(大島)
  • 三原山断層(大島)
  • 大島 港の見える丘
  • 浜の湯(大島)
  • 椿油(大島)
  • 椿油(大島)②
  • 椿(大島)
  • 裏見ヶ滝(八丈島)②
  • 裏見ヶ滝(八丈島)①
  • 湯の浜露天風呂(新島)